治療に適合しない場合

dentist

インプラント治療を受けることが出来ないケース

インプラントというと、失った骨の代わりにチタンの棒を埋め込んで、さらにその上にセラミックなどでできた人口の歯を取り付ける方法です。入れ歯などと違い、本物の歯同様に噛むことが出来、歯茎も痩せないのでインプラント治療をする方は増えてきています。しかし、チタンの棒を埋め込んで固定するためには、土台となるあごの骨がしっかりとしている必要があります。ところが、歯が失われると歯茎と同じくあごの骨も痩せていきます。痩せた骨では、チタンの棒を固定することが出来ず、インプラント治療が困難となります。そこで、腰椎などの骨や人工的に作った骨を移植して、インプラント治療が可能となる程度にあごの骨を太くする骨移植と呼ばれる施術を行うことがあります。自分の体の骨を用いるのは自家骨移植と呼び、人工的に作った骨を移植するのは人工骨移植と呼ばれ区別されます。このように、骨移植とはインプラント治療を受けたいけれども受けることが出来ない人を救うために、大いに役立つ施術と言えます。

最近の骨移植はどのように行われるのか

自家骨移植と人工骨移植を比較した場合、自分の体の一部を使う自家骨移植のほうが、骨が出来やすいとされています。しかし、別の部分から骨を取り出すために手術が必要となりますから、体への負担がかかるのが現実です。そこで最近では、体への負担を軽減するべく、骨を切り出すのではなく、骨髄液を採取してそれから骨を作り出す骨移植が登場しています。骨髄液の採取ということで、骨髄穿刺と呼ばれるものを突き刺すことになりますが、局所麻酔をするので採取時の痛みは軽減されます。手術の時間も少なく、骨が出来るのも早いので、患者への負担は少ない施術といえます。気をつけなければいけないのは、その骨移植はどこの医院でもできるわけではないことです。骨移植が必要な方が、インプラント治療の医院を探すときには、どのような治療が行えるのか事前に確認することが必要です。