現状を知る

dentist

歯の状態を把握しよう

今自分の歯がどのような状態なのかを把握している人は少ないかもしれません。特に奥歯や歯の裏側は鏡でも見るのが困難なので、気づかないうちに歯石が溜まっていたり黄ばみや黒ずみが生じている可能性があります。色素が沈着しすぎると汚れを取るのも困難になりますので、日ごろからケアをしておく必要があります。自分で行うケアでは限界がありますから、虫歯がなくても歯医者に行きましょう。歯医者に行って歯の状態を把握することも大切です。場合によっては歯石を取ったり、クリーニングやホワイトニングをして美しい歯を保てるようにしましょう。きちんと歯をケアしていれば虫歯になることもありませんし、歯が極端に黄ばむこともないでしょう。

歯医者に通うメリット

虫歯にならないと歯医者に行くのではなく、虫歯になる前に歯医者に通うようにしましょう。歯医者に通うメリットはたくさんあります。大体二か月に一度程度でも構いません。今の自分の歯の状態を見てもらうのです。歯垢の溜まり方によっては歯磨きの癖などが分かってきますから、医者から歯磨き指導をしてもらうのも良いかもしれません。定期的に通っていると虫歯が悪化することもありませんし、診察だけならば費用も安くて済みます。虫歯がひどくなると治療するにも時間が掛かりますし、それに伴い費用も掛かってしまいます。結果的に定期的に歯医者に通った方が低コストで済みますので、歯の為にも適度に歯医者に通った方が後々の為にもなるでしょう。